園のごあんない

 

園の方針

園庭をピンクに染める八重桜、直接手で摘んで食べられるブドウ棚やビワの木。そして夏の日差しから子供達を守ってくれる樹齢50年を越すイチョウやケヤキ。

そのような自然を大切にする環境の中で、体力を伸ばし年間行事や語学、音楽、絵画などの日常保育を通して豊かな感性、協調性、忍耐力を養いながら小学校入学までの基礎教育をいたします。


園のあゆみ

1954年(昭和29年)に東京都の公認を受け設立。
現在までに4,000余名の園児を修了させました。
1965年(昭和40年)には園舎を鉄筋コンクリートに改築し、ガラスはすべて飛散防止の網入りガラス、トイレは保育者の目が常に届くよう各教室に設置しました。
2008年に耐震工事を行いました。